So-net無料ブログ作成
検索選択

クルドのドキュメンタリー「Baglar」 [クルド]

今年2月から3月にかけて開催された第15回ifイスタンブール・インディペンデント映画祭の上映作品のひとつで、Melis Birder監督とBerke Baş監督、二人の女性監督による共同監督作「Baglar」(2015)。
トルコ南東部の都市ディヤルバクル。ここの住民の多くはクルド人で、Kurdistan Workers’ Party(PKK)とトルコ軍が絶えず衝突を繰り返している地域。劇中には、トルコ兵士めがけて投石を繰り返すクルド住民たちの、実際の生々しい映像も所々に織り込まれているが、作品の中心はスポーツ。ここのBaglar地区のバスケットボールのクラブチームの成長を追った魅力的なドキュメンタリーだ。
身体能力はあるが、街が荒れて貧しい暮らしぶりを強いられている若者たちをバスケットボールの世界へと引き込んでいくのは、見た目はかなりでっぷりとした、40歳手前ぐらいの熱血監督Yildirim。もとは小学校の先生だそうだが、私財も惜しまずチームづくりに人生を捧げている。後々、彼はトルコバスケットボール協会から、青少年の健全育成に貢献したとして表彰されることになるのだが、彼の持論はユニークで「石を投げるな、ボールを投げろ」。若者たちがクルド兵士に身を投じないで済むよう、バスケットボール選手として食べていけるよう、そういう願いが込められている。なかなか立派な人物で、バスケットの技術以上に、コーチングの才に長けているのだと思う。
だから逆に「これは戦争だ!」と、Yildirimは試合中でこそ叫んで、選手を鼓舞する。彼らの試合のシーンは、ラップ調の音楽も添えられていて小気味いい。もちろん彼は、試合に勝つことだけを考えているのではなく、チームの若者たちの私生活のことも親身に考えている。軍と住民の衝突や、住民の決起集会やデモなどの現実社会のできごと、また軍の空爆によりまだ若い命が犠牲になるという悲劇に並行して、チームは勝利を目指す。それがYildirim流の、クルドのまちづくりでもある。
トルコ国内2部リーグへ!という夢、そのためには宿敵アナトリア・ライオンズを倒さなければならない。エンドロールによると、本作はサンダンスの支援で撮られているそうだ。
(2016年3月15日)

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。