So-net無料ブログ作成
検索選択

21st BIFFから/「Diamond Island」 [カンボジア]

経済成長するカンボジアの若者の上京物語だ。プノンペンで建設が進む一大プロジェクト「ダイアモンド・アイランド・シティ」。テレ東の「未来世紀ジパング」でも紹介されていた中国資本の巨大プロジェクトだ。完成予想CGが劇中に登場するとおり、首都の発展を示す現実の未来都市計画、その現場を支えているのは農村部からの出稼ぎ労働者。軽装で危うい手つきの彼らの楽しみは夜。女の子たちと知り合い、ディズニーランドと比べてもはるかにショボい遊園地で都会の生活をエンジョイすることだ。それは昼間に過酷な労働を担う彼らがみることのできる最高に背伸びした夢であり希望であり、しかしそれはこの大都市にやがて立ち上がる高級マンションに比べるとはるかに小さい。
何年か前にやはり釜山で観たドキュメンタリー「Golden Slumbers」のDavy Chou監督による劇映画「Diamond Island」(2015)。音信不通だった兄との再会、女性との出会い、田舎に残してきた母の死、現場仲間の大怪我…、物語は若者たちのひとり、Boraの視点で描かれる。
何年後だろうか、カフェの店員となったBoraには、完成したダイアモンド・アイランド・シティを見上げている日がくる。その時、この街並みづくりに関わってきたひとりとして、青春時代の痛みが思い出されるのだろうか。急激に身長が伸びる成長期に起きるという成長痛、これは体に限らず、伸びゆく国、香港シンガポールを追うように成長しようとしているカンボジアの人々の心にもあらわれる痛みだ。
カンボジア=フランスドイツ=タイ=カタール合作。
(2016年11月13日)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。