So-net無料ブログ作成
検索選択

21st BIFFから/Shahrbanoo Sadat監督の「Wolf and Sheep」 [アフガニスタン]

職業役者などおそらくひとりも登場しない。アフガニスタンの山あいの村の人々の普遍的な生活が、それぞれがそれぞれの人生の持ち主であるようにして、ドキュメンタリー風に、しかし詩的に綴られる。狼を避けながら羊の放牧が日々繰り返される。そこがアフガニスタンであろうと、どこであろうと、都会人からすればそれは自分とは無関係にみえる客観的な風景だ。テヘランで生まれ今はカブールを拠点に活動しているというアフガニスタンの二十歳半ばの女性、Shahrbanoo Sadat監督は、しかし、夕暮れになると遠くから狼の遠吠えが聞こえてくるような故郷に対する強い誇りを持って描いている。
婚姻や埋葬などの風習も出てくるが、描写対象の多くは無邪気な子どもたちだ。村社会では労働力でもある彼らだが、男女の交流が許されないので、女子は煙草やガールズトーク、男子は小石を使ったパチンコ遊びに興じている。ロマンスめいたこともある。
この「Wolf and Sheep」(2016)は、今年の第69回カンヌ国際映画監督週間で芸術映画賞を受賞したそうだ。デンマーク=フランス=スウェーデン=アフガニスタンの合作。
(2016年11月30日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。