So-net無料ブログ作成
検索選択

第43回日本賞グランプリ作品「消えたブロガー“アミナ”」 [シリア]

2016年末、新聞のテレビ欄で午後をまるまる使って第43回日本賞の各部門受賞作品を紹介するNHK・Eテレの番組をみつけて、チラチラ観るつもりが、ラストの90分位のグランプリ作品に至っては、しっかり最初から最後まで観てしまった。
日本賞とは、NHKが主催している教育コンテンツの国際コンぺティションらしい。年少の部門ではサッカー選手を夢みるアフリカの少年や、難民キャンプのシリアの子どもたちを取り上げた作品などなどだったが、グランプリ作「消えたブロガー“アミナ”(The AMINA Profile)」は一般向けで、少々アダルトなテーマ。冒頭には若い全裸女性のセクシャルな映像も出てくる。ボカシは入っている(原版そのものの処理だろうか)けれども、休日午後のEテレからすると、ちょっとびっくり。
カナダ製作のドキュメンタリー作品だが、シリアのレズビアンの話だ。ダマスカスに住むという女性アミナが、2011年当時「A Gay Girl in Damascus」というブログを開設する。アサドの圧政への民衆蜂起を訴える一人の国民の声についての国際的な反応のみならず、中東の同性愛者からのエロティックな発信に対しての共感や好奇も重なって、世界に多くの読者を集めて、欧米のメディアも取り上げるほどになった。
そして事態が急転する。ブログに、アミナが現体制派のグループに拉致された!と彼女の親戚によって書き込まれたのだ。安否不明となり、フォロワーたちが米国政府を動かそうと働き始める。当時のこの事件の報道は僕にも記憶があるので、その顛末はおぼろげに覚えている。
じつはアミナなるレズビアンの女性は最初から存在しておらず、ブログはすべて、イギリス人の男性による作り話だったということが真相。そうそう、確かにそうだった。しかし、この事件のことを知らずに観ている人はもちろん、知って観ている人にとっても、サスペンスミステリーのように観ずにはいられない展開となっている。アミナの自画像が、全く無関係の女性写真のコピペだったことが発覚するくだりなどの詳細は、今回初めて知ったこと。
しかし何よりも、アミナは存在していなかったという事実じたいは本作のオチではなく、動機や人物像など、犯人(と呼んでいいのか)本人へのアプローチが後半の見せどころだ。この創作者である男性はシリア問題の研究者で、注目を集めるためにレズビアンを装ったが、ブログで訴えた中東の人々の苦しみは真実だと言い放った。
しかし、ネット上のアミナに恋をした各国の同性愛者はどちらにしろ浮かばれない。これぞ、まさにネット世界の闇だ。誰でも、ハーメルンの笛吹き男になることができる怖さがある。そういう危険性を、世界レベルでひしひしと感じさせる事例だ。
前に、同じEテレの番組「ねほりんぱほりん」で観た、ネット上の私生活を加工や借りもの画像で豪華に飾る「偽装キラキラ女子」なんて、今思えばちっちゃな嘘だ。
(2017年1月31日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。