So-net無料ブログ作成
検索選択

異色の移民ドラマ「The Last of Us」 [チュニジア]

これまで、アフリカや中東から命がけでヨーロッパを目指す人々を描いてきた多くの映画のように、この作品「The Last of Us」(2016)の主人公も、アフリカから地中海の向こう側の世界へ渡ることを試みる。チュニジア=カタール=UAE合作だが、これが劇映画第一作のAla Eddine Slim監督がチュニジア出身であることから、おそらくこの主人公の若い男はチュニジアを離れたいのだろう。推測が必要なのは、この作品には全くセリフがないからで、登場人物も数えるほどだ。
映画は砂漠から始まる。男は仲間と砂漠地帯を越えていくが、その仲間とはそうそうにはぐれてしまう。密輸か何かのトラックに便乗して移動、海辺までたどり着くと、小舟を盗んで出航する。会話が一切なく、風や自動車の音といったノイズだけが強調されて聞こえ、男の行動が、いっそう、秘匿な不法行為にみえてくる。
小舟は難破してしまったらしく、動物捕獲用の罠に引っかかったことで男は意識を取り戻し、自分の居場所が迷い込んでしまった林の中であることに気付く。彼はそこで狩猟をして暮らしている野生人の男と出会い、その弟子のような形で,おそらく期待していただろうヨーロッパ世界での生活とは全く異なる原始的な暮らしを始めることになる。もちろん無言のままで。その師匠が命を落とし、最後に彼は,滝を前にして意を決したように丸裸になる。そして、彼の身体はしだいに自然風景の中に溶けて消えていく。主人公がたどりついたこの密林の世界は,彼が抱いてきた夢に対するアンチテーゼだったのか,それとも遭難した彼が迎えた死後の世界だったのか…。曖昧にして不思議な余韻を残す異色作だ。
第73回ベネチア国際映画祭で、優れた新人監督に贈られる未来の獅子賞を獲得したそうだ。
(2017年2月22日)

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0