So-net無料ブログ作成
検索選択

ラオスのホラー映画「Dearest Sister」 [ラオス]

ラオス=フランス=エストニアの映画「Dearest Sister」(2017)は、例えると、ビエンチャンを舞台にした〝世にも奇妙な物語〟的なドラマだ。ラストはちょっとゾーッとさせる展開になるが、全体的には不思議なお話。Mattie Do監督は、ラオス映画を初めてカンヌのフィルムマーケットに出した監督とのことで、本作は彼女の2作目。欧米で映画製作を学んでいて、SFXも使われ、タイのホラー映画のような仕上がりである。
貧しい田舎暮らしから出稼ぎのような形で、娘Nokが、都会のビエンチャンで暮らす従姉Anaの家で暮らすようになる。ヨーロッパ人の夫は事業をしていて、住込使用人もいるAnaの暮らしぶりは裕福である。ただ不幸なことに、Anaは眼を病んでいて、徐々に視力を失いつつある。Nokには、そのような従姉の世話が期待されるのである。
ここから先、不思議な現象が繰り返されていく。Anaの病んだ眼の前には時折、亡霊が現われるが、その亡霊の姿はNokには見えない。その霊媒行為の瞬間には、発作的にAnaの口から3つの数字が怯えるようにして呟かれる。それを覚えていたNokは、従姉が呟く数字どおりにロトくじを買うと、その度に大当たりが連発!
当たりの数字が予言できるというのは、物語的には少々都合がいいが、汗をかかずとも金を手に入れる方法を知ってしまうと、人間は変わるもの。Nokは段々と欲深くなり、欲深くなると、周囲との関係もこじれていく。Nokを演じる女優が僕のタイプの顔だちで、ラオスの普通の若い女性の自然な振舞いに見えて、表情もいい。
お告げのきっかけとして登場する亡霊じたいは、それほど怖くもなく観てきたが、後半になってこの亡霊たちは、これから命を落とす運命にある人々の姿が、これまた予言的に、Anaの前に現われているのだという仕組みに僕はやっと気付いた。
そうすると、結末は怖い。かすかな視力でAnaに一瞬だけ見えたものは、NokとAnaがこれから迎える血塗られた悲劇。それが、ほんとうに刹那の間だけチラリとみえてゾーッとするのだ。
蛇足だが、日本人役が一人出演していて、エンドロールの名はBrandon Hashimoto。エグゼクティブ・プロデューサーでもあるとのこと。
(2017年4月28日)

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0