So-net無料ブログ作成
ラオス ブログトップ

ラオスのホラー映画「Dearest Sister」 [ラオス]

ラオス=フランス=エストニアの映画「Dearest Sister」(2017)は、例えると、ビエンチャンを舞台にした〝世にも奇妙な物語〟的なドラマだ。ラストはちょっとゾーッとさせる展開になるが、全体的には不思議なお話。Mattie Do監督は、ラオス映画を初めてカンヌのフィルムマーケットに出した監督とのことで、本作は彼女の2作目。欧米で映画製作を学んでいて、SFXも使われ、タイのホラー映画のような仕上がりである。
貧しい田舎暮らしから出稼ぎのような形で、娘Nokが、都会のビエンチャンで暮らす従姉Anaの家で暮らすようになる。ヨーロッパ人の夫は事業をしていて、住込使用人もいるAnaの暮らしぶりは裕福である。ただ不幸なことに、Anaは眼を病んでいて、徐々に視力を失いつつある。Nokには、そのような従姉の世話が期待されるのである。
ここから先、不思議な現象が繰り返されていく。Anaの病んだ眼の前には時折、亡霊が現われるが、その亡霊の姿はNokには見えない。その霊媒行為の瞬間には、発作的にAnaの口から3つの数字が怯えるようにして呟かれる。それを覚えていたNokは、従姉が呟く数字どおりにロトくじを買うと、その度に大当たりが連発!
当たりの数字が予言できるというのは、物語的には少々都合がいいが、汗をかかずとも金を手に入れる方法を知ってしまうと、人間は変わるもの。Nokは段々と欲深くなり、欲深くなると、周囲との関係もこじれていく。Nokを演じる女優が僕のタイプの顔だちで、ラオスの普通の若い女性の自然な振舞いに見えて、表情もいい。
お告げのきっかけとして登場する亡霊じたいは、それほど怖くもなく観てきたが、後半になってこの亡霊たちは、これから命を落とす運命にある人々の姿が、これまた予言的に、Anaの前に現われているのだという仕組みに僕はやっと気付いた。
そうすると、結末は怖い。かすかな視力でAnaに一瞬だけ見えたものは、NokとAnaがこれから迎える血塗られた悲劇。それが、ほんとうに刹那の間だけチラリとみえてゾーッとするのだ。
蛇足だが、日本人役が一人出演していて、エンドロールの名はBrandon Hashimoto。エグゼクティブ・プロデューサーでもあるとのこと。
(2017年4月28日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

18th BIFFから/オーストラリア=タイ合作の「The Rocket」。舞台はラオス [ラオス]

ロケット祭りという、アジアらしい風物詩をテレビ番組でみたことがある。雨乞いの行事として、村人それぞれが竹筒で作ったロケットを空に打ち上げて、どれだけ遠くまで飛ぶかを競う行事で、タイ東北部の農村各地で行われているそう。
10月6日にMegabox Haeundae 4で観た「The Rocket」(2013)はKim Mordaunt監督の長編劇映画第一作でオーストラリア=タイの合作だが、舞台となるのは監督も住んだことがあるというラオス。題名そのものにもなっているこの作品を通して、ロケット祭りがラオスでも行われていることがまずわかった。
本作は今年のベルリン国際映画祭の最優秀デビュー作品賞を受賞し、米国アカデミー賞のオーストラリア代表にも選ばれたそうだが、中身はラオスの山田舎の10歳の少年の成長物語で、洗練されていて、全体的に明るく感じよく仕上げられている。泥臭くない、いいかえると、あらゆる意味で泥がほんの少しも付いていないきれいすぎるところが、本作の特徴だ。
少年の名はAhlo。北ラオスの山奥、水車が回る湖近くの村で、彼がこの世に産み落とされる出産場面から始まる。本当は双子だったようだが、二人目は死産だった。この地では双子が忌み嫌われている様子が見て取れる。Ahloは健康にいきいきと成長していくが、その孫を見つめる祖母の眼はいつもとても厳しかった。
その彼の育つ村がダム建設のために水没することになるという計画が、住民説明会で明らかになった。世代間で意見の違いはあったが、Ahlo一家も移転することになり、大荷物を抱えて山越えを試みるが、途中の事故で母親が命を落としてしまった。Ahloは祖母から「お前のせいだ、お前が死ぬべきだった」とまで言われてしまう。その言葉もだが、さらにショックだったことは、役所から用意された移転地が未整備の荒地で、テント生活を余儀なくされることだった。ダムのために立ち退いたのに、皮肉なことに電気もない。付近には爆弾がゴロゴロしている。母が大切にしていたマンゴーの木を植えることもできない。そんなAhloが明るさを取り戻したのは、同い年くらいの孤児の少女Kiaと、その叔父さんに出会ってから。紫色のくたびれたスーツを着た飲んだくれの叔父さんは、ジェームス・ブラウンかぶれのファンキーな人物。こういうキャラクターは、オーストラリアのKim Mordaunt監督ならではの、ラオスの物語を描く上でのグローバルな味付けだ。この愉快な人物に関わって盗電騒ぎを起こしたことで、Ahlo一家はとうとう村八分になってしまう。
Ahlo一家とKiaたちが辿り着いたところで見つけたのは、ロケット祭りの告知。優勝すると賞金が出る。そこでAhloはロケットを作ると宣言する。ここからドラマはファンタジックな世界へと一気に舵を取る。Ahloの悪戯心や冒険魂が発揮され、不発弾の火薬を詰めたAhloのロケットはみごと優勝!ロケットは雲の彼方へと消えていくのと同時に、大粒の雨が落ちてくるではないか。とことんAhloを嫌っていた祖母にまで笑みがこぼれ、一家の絆が深まっていく。何と希望に満ちあふれた結末だろう。
「ロケットが母さんにも届いたんだ」とはしゃぐAhloは、賞金とマンゴーの木を植えることのできる土地を手に入れる。それまで、悪運をもたらすとまで言われてきた10歳の少年が一発逆転ホームランを放ち、ラッキーボーイへと変身する小気味よさが本作の真骨頂だ。ネタバラシはためらわれるが、ジェームス・ブラウン叔父さんの正体が、ファンタジックな結末にとどめをさし、最後は本当にハッピーな気分になった。
(2013年11月24日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

美しい情景がふんだんに織り込まれたラオス映画「Good Morning Luang Prabang」 [ラオス]

ラオスの映画を観るのはこれが2本目である。かつてアジアフォーカス・福岡映画祭’94で、ソムオック・スッティポンという監督の「レッド・ロータス」(88)が上映されたが、これがこれまで筆者の観た貴重な唯一のラオス映画だった。この「レッド・ロータス」は、福岡での上映当時で、1975年のラオス建国以来、二本目にあたる長編劇映画ということだった(情報文化省の製作)。そのときのアジアフォーカス・カタログに掲載されたブンチャオ・ピチット氏の「ラオス映画概論」によると、人民民主共和国以前の王政時代には全部で12本の映画が撮られていたという程度なので、戦乱が長く続いたこの小国には、まだまだ映画製作の土壌は育っていない。
この「Good Morning Luang Prabang」(08)は、正確にはタイとの合作だそうだ。ラオスでの公開の状況は詳しく知らないが、タイで劇場公開されたあとVCD化されたものを今回見た次第である。
バンコクから撮影取材に来たカメラマンの男と、彼の世話役となるラオス人の女性ガイドが、トラブルを重ねながらも互いに惹かれ会っていく様を、ラオス観光にはもってこいの美しい自然や町並みを背景に、またラオスの人々の人情を織り込みながら、品良くまとめた小品である。
タイトルの“Luang Prabang”は、王国時代の古都ルアンプラバンで、日本でいえば京都のようなところなのかしら。歴史ある街並みが随所に登場し、ロマンチックな雰囲気を盛り上げる。そして、ヒロインを演じるのは、素朴で正直で純粋な魅力に溢れたラオスの女優だ(と思う)。
ラオスにわたるカメラマンの男の役は、昨年「タイ式シネマ☆パラダイス」で来日した、「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密」の俳優アナンダ・エヴァリンハムで、彼は今回のプロデューサーでもある。アナンダは実際、タイで育ったラオスとオーストラリアのハーフ。劇中では、携帯電話を使って母親と英語で会話し、ラオスにわたってからは女性ガイドの助けも借りて、自分のルーツ探しのようなこともやっている(字幕がないので、おそらく)。アナンダの生い立ちが多少投影されているのかもしれない。
アナンダは、タイ、ラオスに限定されずシンガポールの作品にも出演し、東南アジアではワイドに活躍しており、注目すべきスターだと思う。金城武のような存在といったところだ。
クレジットでは、監督はSakchai DeenanとAnousone Sirisackdaの二人となっていて、どちらがどちらとはわからないが、ラオス人監督とタイ人監督の共同作だそうだ。
以前このサイトに書いたけれども、タイのサッカーコメディ「Lucky Loser」(06)において、ラオス・チームの描き方に悪意があるとラオス政府が上映中止を申し立て、結局、架空の国のチームに変更されて上映にこぎつけたものの、これまでにも映画表現において両国の関係がこじれるということが何度かあった。そのことを踏まえたうえで「Good Morning Luang Prabang」を観ると、ちょっと作り過ぎていて上品過ぎるといえなくもないが、両国の映画交流が今後良い方向に進んでいくのであれば、そして今後のラオス映画界が進歩していければ、記念碑的な作品として位置づけられることにもなると思う。
(2009年4月4日)
Raos.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ラオス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。