So-net無料ブログ作成
アフガニスタン ブログトップ

21st BIFFから/Shahrbanoo Sadat監督の「Wolf and Sheep」 [アフガニスタン]

職業役者などおそらくひとりも登場しない。アフガニスタンの山あいの村の人々の普遍的な生活が、それぞれがそれぞれの人生の持ち主であるようにして、ドキュメンタリー風に、しかし詩的に綴られる。狼を避けながら羊の放牧が日々繰り返される。そこがアフガニスタンであろうと、どこであろうと、都会人からすればそれは自分とは無関係にみえる客観的な風景だ。テヘランで生まれ今はカブールを拠点に活動しているというアフガニスタンの二十歳半ばの女性、Shahrbanoo Sadat監督は、しかし、夕暮れになると遠くから狼の遠吠えが聞こえてくるような故郷に対する強い誇りを持って描いている。
婚姻や埋葬などの風習も出てくるが、描写対象の多くは無邪気な子どもたちだ。村社会では労働力でもある彼らだが、男女の交流が許されないので、女子は煙草やガールズトーク、男子は小石を使ったパチンコ遊びに興じている。ロマンスめいたこともある。
この「Wolf and Sheep」(2016)は、今年の第69回カンヌ国際映画監督週間で芸術映画賞を受賞したそうだ。デンマーク=フランス=スウェーデン=アフガニスタンの合作。
(2016年11月30日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

17th BIFFから/女優ゴルシフテ・ファラハニ主演のアフガニスタン映画「The Patience Stone」 [アフガニスタン]

イラン映画界で輝いていた女優ゴルシフテ・ファラハニの姿を、再びスクリーンで観ることができるとは! もう、感無量である。フランス、ドイツと合作のアフガニスタン映画「The Patience Stone」(2012)は、アフガニスタンとみていいのだろうか、中東の何処か特定されない場所の、名前もはっきり示されない役を演じるゴルシフテの、ほとんどひとり芝居、彼女の独壇場だった。
モノローグ主体の難しい役どころ。状況説明に乏しく、必要なことはスクリーンの外側にしかない。その削ぎ落とされた描写の中で、中東のひとりの女性の心の内側を極めて詩的に演じていく。全裸での水浴びやエロチックなシーンにも挑戦し、イラン映画界においては到底できなかった演技にも開眼した、ゴルシフテの新たな可能性を肉太にみせつける意欲作だ。
物語はこんなふうだ。10年前に17歳で嫁いだという彼女は、幼い子どもたちを親戚に預け、激しい砲撃の続く街なかの家に、夫と二人で居残っている。なぜかというと、兵士である彼女の夫は戦争で傷つき、昏睡状態となって容易に動かすこともできないからだ。
向かいの建物には銃を構えた兵士がいて、通りを戦車が走る。砲撃がある度に、家がブルブルと震える。ムッラーは2週間すれば会話ができるようになると言ったらしいが、まるで石のようになって、何の反応もみせない夫に対して、嘆きや不安、過去の振り返りなどゴルシフテの言葉が、まるで独り言のように語られていく。夫への忠誠が彼女たち、ムスリムの女性の務めである。
何の説明もなく、銃で武装した民間の男たちが家々に押し入り、近隣の住人が殺害されていく。その男たちの中のひとり、吃音の青年が何度もゴルシフテのもとを訪ねてくるようになる。言葉に乏しい青年はお金を持参し、ゴルシフテはその青年を満足させるために娼婦まがいの行為をする、それも無反応な状態の夫の傍らで。彼女は懺悔を口にしながらも、そのことを楽しそうに夫に語りかける。
何度も会うようになって、ゴルシフテは青年の裸の背中に酷い傷を見つける。そこにはこの土地の過去や歴史が深く潜んでいるよう。彼女は、夫たち兵士があまりにも野蛮な獣に思えてしまった。そして軍の行為に対しての怒りさえ覚える。四度目の訪問で、ついに青年は金がなくなったのか、野菜を持参してくる…。
ドラマの最後で、とうとうゴルシフテは夫に向かって、幼い子どもたちの父親のことについて、衝撃的な告白を始める。その瞬間、夫は意識を取り戻し、彼女の首を締めだし、彼女はとっさに夫を刺す! そこに青年がまた訪れ、スクリーンいっぱいに微笑むゴルシフテが映し出される。そこに、ひとりの女性の解放さえもみられた…。
この作品を撮ったAtiq Rahimi監督は1984年にアフガニスタンからフランスに渡り、小説家また映画監督として、アフガンの文化を世界に広める活躍をしている人物だそうだ。文章言語と映像言語を巧みに操るマジシャンのような存在なのだろう。本作はじしんのベストセラー小説を自ら映画化したもの。同じくフランスに移住し、小説家として活躍しながら、自作を原作に映画製作活動も行なっている、中国のダイ・シージエ監督(「小さな中国のお針子」など)の姿にも何となく重なる。
10月9日、Lotte Cinema Centum City 5にて鑑賞した。映画が始まる前に、隣席の韓国の女性から声を掛けられた。かなりの空席があるのに、すぐ横に座ってきて「この映画はおもしろいの?」と訊かれた。観たい作品が満席だったのでこの作品を観ることにしたそうだ。大学生だと言っていたが、始まって30分もしないうちに、スーッといなくなってしまった。わたくしは、相当に刺激的な作品だったというのに。
(2012年12月18日)



nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

17th BIFFから/アフガニスタン国立フィルムアーカイヴの収蔵作品 [アフガニスタン]

わたくしにとっての、今年の第17回釜山国際映画祭のお楽しみのひとつは「Afghanistan National Film Archive: The Rise from the Ashes」と題された、アフガニスタン映画の特集上映だった。6作品がプログラムされていた。そのすべてを観たかったところだが、鑑賞できたのはアフガンのフィルムノワール「Once Upon a Time」(1969)とアフガニスタン初のカラー作品「Love Epic」(1986)の2作品。どちらもプリントをビデオに変換したものの上映で、原版の傷は激しい。途中にテープの交換あり。今回の特集上映について、公式カタログから情報を借りると以下のとおり。
アフガニスタン国立フィルムアーカイヴ(Afghanistan National Film Archive)はアフガンフィルムとも呼ばれていたそうで、1968年に記録映画やニュースを撮るために設立された。ほどなくして劇映画も製作するようになる。この他に国内では小さな製作会社も映画を撮り始め、アフガンフィルムはそれらも保管するようになった。
しかし、1992年にタリバンが台頭し始め、イスラムの戒律を厳格に適用して写真などを厳しく禁止したことから、アフガニスタン映画界に危機が訪れた。アフガンフィルムにいた120人ものスタッフは11人にまで減り、その11人が、タリバン政権によって処分された多くの映画フィルムの中から、ごく一部の作品を極秘に守ってきたそうなのである。
アフガンフィルムは2004年になって活動を再開。ダメージこそ受けたものの、残されたアーカイヴ作品について、今回アフガンフィルムの協力を得て、特集のプログラム編成に至ったということで、釜山にはアフガンフィルムからのゲストとして「Love Epic」のLatif Ahmadi監督が来られていた。Latif監督は1986年から92年まで在籍した後、空白期間をおいて2004年から活動を再びスタートしたそうである。
さて、アフガン・ニューシネマと呼ぶべき「Once Upon a Time」は、1960年代当時のアフガニスタンの才能だった三人の監督による短編3本のオムニバス。アフガニスタン映画といえば、セディク・バルマク監督がNHKの協力により製作した「アフガン零年」(2003)以降しか知らなかった。しかし、この「Once Upon a Time」の描くアフガンでは、女性は覆うこともない髪を綺麗にセットして、短いスカートを履き、もう60年代の西洋ファッションそのままである! わたくしにとっては、映画というタイムマシンに乗せられた気分だったが、果たしてこれは遠い過去だったのか、それともこれからやって来る未来なのか…。
第一話「Friday Night」で描かれるのは、カブールの上流家庭の結婚をめぐる悪巧み。キザなスーツ姿でギャンブルに興じているNaseerは、偶然見かけた美人の女子大生に心を奪われてしまった。しかし彼女は相当な有力者の娘。Naseerは身元を偽って、上手く一家に接近した。そして彼女との縁談も順調に進んできたところで、彼は彼女の父親から宝石の持参を求められる。Naseerは貴金属店で、偶然居合わせた中年女性を犯人に仕立てて、ペテンにかけて店の宝石を盗み取ろうと試みるが、何とその女性は娘の母親だった!というオチ。おそらく当時の流行歌だろう曲も使われていて、とにかく60年代末のカブールの風俗がふんだんに感じられる。
第二話「The Bridegroom」は、フィアンセを自分の叔父叔母に正式に紹介するまでの、青年のごまかしごまかしの様子を、コミカルに描いたコメディ。
そして第三話「Smugglers」は、第一話同様に犯罪もの。林の中で、人相の悪い男三人組のギャングが、別の三人組と取引を進めている。しかし鞄の中身が新聞紙であることがバレてしまい、取引は争いに発展。Jamilは相手から刺され、二人の仲間に支えられて何とかその場から逃げることはできたものの、出血して重傷である。そこに貴婦人Nahidの運転手付きの高級車が通りかかった。男たちは、Nahidに助けを求め、病院まで運んでもらう、もちろんギャングであるということを隠して。
Nahidは親切に病院でもJamilに付き添い、その後も男たちと親密に接するようになっていった。そしてJamilの快気祝いのパーティーにも招待される。しかしその席で、Nahidはギャング組織の重要な地図を手にしてしまった。そのために彼女はボスに撃たれ、橋から転落してしまう。新聞には「女性、何者かに殺される」と事件の記事。しかし、最後には…、一味はついに警官たちに取り押さえられた。ボスは背後から女性刑事に拳銃を突きつけられる。その銃を握るのは何とNahid! まさに日活アクションのような60年代のテイストを、まさかアフガニスタン映画の中に見い出すとは!
一方で「Love Epic」は、すごく重厚なメロドラマ。スクリーン上のタイトルは「Lover Romance」となっていた。おまけにカタログでは120分と記されているのに、観終わると2時間45分たっぷり。退色が激しいが、途中に一面の花畑のカットや叙情的な自然風景が繰り返し挿入されるあたりは、アフガニスタン初のカラー作品という自負があるからだろう。
映画が始まってから、キャストのクレジットが出てくるまでに15分ほどもある。それまでカメラは、隊を成した二組の男たちが、馬に乗ったまま一匹のヤギの死体の争奪戦を繰り広げる様を、臨場感たっぷりに映し出す。それを囲んで熱狂する観衆の表情も取り込んで、延々とドキュメンタリーのような場面が続く。観終わって早速Wikipediaで調べたところ、これは「ブズカシ」と呼ばれる中央アジア一帯の伝統的競技で、アフガニスタンでは国技だそう。チームは民族ごとに編成される。文では伝えにくいが、ポロで例えるよりも、ボールを家畜の肉に替えて鞭などを使って奪い合う騎馬スタイルのラグビーと書いた方がわかりやすいだろう。ちなみにこの競技はタリバン政権時代には禁止されたそうだ。
さて作品は、絶対的な家父長の威厳と力を背景に、この「ブズカシ」で対立する部族それぞれの長の、息子と娘の禁断の愛の悲劇を古典的に描いたものである。常勝の騎馬軍団を率いてきた勇者Maqsoodは、幼い頃から鍛えてきた息子Shareefが成人し、腕を上げてきたことから、優れた馬を与えて讃える。息子も「Maqsoodの名は汚さない」と固く誓う。
その青年を遠くから見つめ、好意を寄せている女性がMazari。しかし彼女は、Maqsoodをライバル視するJabarの娘。Jabarの騎馬軍はどうしてもMaqsood親子の軍に勝つことができない。鉄の塊を鞭に込めるという卑怯な手まで試みるが、やはりかなわない。
一方でShareefとMazariは愛を深めていく。この二人のトキメキ具合はロマンチックを越えて、まるで昭和の少女漫画的な世界。苦笑を誘う。やがて二人の関係はMazariの父親に知られてしまい、娘は激昂した父親から袋詰めにされ鎖で繋がれ幽閉されてしまう。そして宿敵への復讐心に燃える父親Jabarが、娘の解放のためにShareefへ出した条件は、ブズカシでMaqsood親子が故意に負けること。しかしそのような屈辱的な八百長を、Shareefの父Maqsoodが認めるはずもない。
ついに始まった再戦のなかで、馬に乗ったMaqsoodとShareefの親子は争いながら、とうとう崖から転落してしまう。そのときに、虐待によってMazariが亡くなったという知らせが届く…。
今回観た2作品はタイプこそ全く異なるが、どちらもたいへん貴重で観る価値あるものだった。10月7日および8日、Busan Cinema Center Cinema 2にて。
(2012年11月11日)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アフガニスタンの不思議な人々 [アフガニスタン]

テヘランでの滞在中、毎日のように顔を合わせていたのがアフガニスタンから来ている映画製作会社カブール・フィルム社のみなさんだ。アフガンとはいっても、顔立ちはモンゴル系というか、われわれ日本人と見た目が変わらない。
アフガンで撮影された日本映画「アイ・ラヴ・ピース」(大澤豊監督)のロケに協力した経験があるそうだ。また、いま長編映画の企画があるが、どこか出資してくれるところはないだろうかとつぶやいていた(あまり深刻には聞こえないのだが)。
インド国際映画祭の元ディレクターでいまも映画を紹介する仕事をされているマールティー・サハーイー女史に誘われて観たのが、彼らが持参してきた短編ドキュメンタリー「3,2,1,」。若干21歳の女性が監督したそうだ。男たちに虐待を受けている女性たちの声を拾った作品である(英語字幕はない)。なかなかアフガンの作品を見る機会はない。当然他にも見たくなった。しかし彼ら、カブール・フィルム社の人たちは、商売っ気が全くない。ほかにも作品のDVDを持ってきているというのに、なかなか見せてくれない。資料も明日コピーして渡すからと言いながら、催促するとまた明日また明日と延び延びになって結局もらえなかった。なのに毎日デジカメで記念写真は撮ってくれるのだ。日本に帰ってからE-メールを送ったけれども返事なし。いつも笑顔でニコニコしていたが、何だか不思議な人たちだった。
(2007年2月9日/テヘラン)


nice!(0) 
共通テーマ:映画
アフガニスタン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。